« SPEAKER | トップページ | NOKTON Classic 35mmと40mm、そして2台のGXR »

2016年4月 9日 (土)


Sakura_edited2


もちろん毎年桜が咲くと綺麗だなと思っていたし、春が来た、という事実とともに心踊る季節だとも思っていた。

でも今年、その桜の良さが初めて真に迫って心に響いてきたように思えた。

華麗でいながらなんという清楚、そして儚げなその佇まい。

この花がなかったら、春に桜が咲かなかったら、日本は日本だったろうか、などとすら考えてしまった。

桜の花の絶対可憐な美しさはこの国土に暮らす人々の深いところにきっと影響していると思う。

春に桜が咲き、あっという間に散る。

そのわずかな瞬時の輝きを人々はこぞって愛でる。

それはとても尊い事のように思えた。



GXR+Mount A12 with:

Voigtländer NOKTON Classic 40mm F1.4


|

« SPEAKER | トップページ | NOKTON Classic 35mmと40mm、そして2台のGXR »

写真散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« SPEAKER | トップページ | NOKTON Classic 35mmと40mm、そして2台のGXR »