« LOST MY DRIVING WHEEL | トップページ | WHERE MY LOVE LIES ASLEEP »

2014年4月12日 (土)

金沢


所用があり、金沢へ行ってきた。

東京駅から新幹線で越後湯沢へ、そこで特急に乗り継ぐ。

越後湯沢は、もう4月というのにまだ完全に白銀の世界、激しい風に雪煙が舞う。

厳しい気候の土地だ。
Yuzawa

到着した日は金沢も強い風と雨模様。

ジェームズ・タレル等がコレクションされている21世紀美術館を少し見てホテルへ退散。

翌日は朝から晴れた。

京都が公家の都なら、金沢は武家の都。

香林坊~日銀前という繁華街のメインストリートのちょっと裏に、こういう街並がある。
Bukeyasiki
Bukeyasiki2

Bukeyasiki3_2

金沢城は、春爛漫だった。
Castle2

この日は法要~食事会の後、兼六園の中の茶屋の2階で宴席。

窓からの眺めは素晴らしく、花見酒も進む。

その後、数人と金沢中心部の片町へ繰り出し、遅くまで飲み歩いてしまった。
Cyaya
Kenroku

翌日は主計町(かずえまち)茶屋街を散歩。

料亭にしても旅館にしても、建物にいちいち歴史と由緒があるので値段が心配になるが、実は庶民的な値段。

後で知ったのだけれど、この主計町の旅館だって駅前のビジネス・ホテルと値段は変わらない。

こっちに泊まれば良かった。
Kazue2
Kazue
Kazueura

主計町の細い裏路地には金沢に住んだアメリカ人の木版画/墨絵画家のクリフトン・カーフのギャラリーがあった。

本人の住居兼アトリエを一部改装して使っている。
Karhu

古い町家を改装したカフェでティータイム。
Caffe

この後、泉鏡花記念館を見学したりしつつぶらぶら歩いて金沢駅へ行く。

金沢は、歩こうと思えば歩いて回れる街のサイズが良い。

あちこちにあるステーションに乗り捨て可能なレンタサイクルを利用するのも良いだろうけれど、やっぱりゆっくり歩くのがお勧め。

地元の人は「遠いからバスで行け」と言うんだけど(笑)


GXR+Mount A12 with
Voigtländer Color-Skopar 21mm F4

Voigtländer NOKTON Classic 35mm F1.4SC
Ricoh XR RIKENON 50mm F2

|

« LOST MY DRIVING WHEEL | トップページ | WHERE MY LOVE LIES ASLEEP »

写真散歩」カテゴリの記事

コメント

いいですねー 金沢
いつだっけ? 2年前の9月だったでしょうか 私もつっちーと金沢に撮影会と称して1日行ってきた事があります
東茶屋街???だったかな どっか一か所に絞って散策して撮りました
今その日の記事を見返してみましたが 全然写真が撮れていない(^_^;)
そろそろ撮影会しようかー という話をしていて 金沢にする?なんて言っていたとこなんですよね
t.hagaさんの写真を見て やっぱ金沢に行きたくなりましたー

金沢・・・そのうち東京から新幹線で行けるようになるんでしたっけ?
今は新潟まで出てからしか行けないんですねー
日本海を見ながらなんでしょうか

投稿: 奈月 | 2014年4月15日 (火) 14時10分

奈月さん
コメントありがとうございます。
金沢訪問は3回目ですが、前2回は仕事だったのであまりゆっくりもできずでした。
今回、季節も良かったのでその魅力を満喫できました。
秋の紅葉もまた良いでしょうねー
東町茶屋街は一番大きな茶屋街ですね。
主計町茶屋街はその東町茶屋街と橋を挟んで繋がっているような茶屋街です。

東京からは越後湯沢まで新幹線、そこからほくほく線特急はくたかで行きます。
今回は日本海沿いを走っている時、爆睡してしまったんですよねー
帰りは夜だったし・・・
来年の春には東京から新幹線直通で行けるようになるそうです。
歴史ある武家の都という矜持からでしょうか、観光要素がたくさんあって観光客も多いはずなのにまったく観光スレしていない
(観光地価格みたいなものがまったくないですし)金沢は本当に素晴らしいと思います。

251projectの金沢再訪問記事、楽しみにしてます。

投稿: t.haga | 2014年4月15日 (火) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金沢:

« LOST MY DRIVING WHEEL | トップページ | WHERE MY LOVE LIES ASLEEP »