« 深夜高速 | トップページ | LOST MY DRIVING WHEEL »

2014年3月31日 (月)

PLEASURE OF THE MACHINE


Pleasure_of_the_machine
「AUTO」というものに抵抗があるのか、使っているのはデジカメなのに「AF」にはどうも馴染めない。
使うのはいつもマニュアルフォーカスの単焦点レンズ、ISO感度もシャッター・スピードも全部マニュアル。
乗っている自動車だってマニュアル・ミッションだ。

自分と機械の関わり合いというか、自分が操作して機械が応える、その一体感みたいなものを機械に求めるクセが抜けないのだと思う。
たぶん、古いイギリスのスポーツカーを自分でいじりまわして乗っていた時(まだ持っているけど)に、その快感を覚えたのだろう。

|

« 深夜高速 | トップページ | LOST MY DRIVING WHEEL »

写真日記」カテゴリの記事

コメント

そうだったんですねー
マニュアルミッションの車って・・・なんだろう と すごく興味を持ってしまいます

自分が操作して機会が応える・・・これ すごくよくわかります
私も車に関しては同じです^^
つっちーにそんな話をすると 僕のカメラに対する思いと同じかもしれないね と言います
私は目が悪いため マニュアルでフォーカスを合わす事が困難だったりします
よってそういうものは全部オートに任してしまいます 絞りに関しては私の意思で変えてますが・・・

この写真は車をばらしていた時のものですか?
ライト ですよね?
こんな写真撮れていいなー(^◇^) この場に居たかったです
私はフォグやタイヤくらいしか自分では換えれられませんが
運転は オートって言うのがものすごく嫌で いつかマニュアル車に戻したいとずっと思ってます
最近の車はつまりませんね 全然欲しいと思えません
パワーウインドウでなくてもいいから 昔の車でマニュアルミッションの車を買いたい って思います

t.hagaさんは 何台か車 持ってるってことですか?
現在は何に乗ってるんですか?

投稿: 奈月 | 2014年3月31日 (月) 03時54分

奈月さん
コメントありがとうございます。
まぎらわしい書き方ですみません。
この写真は、車ではなくエレキ・ギターとアンプの間に繋いで音を変える「エフェクター」というものの部品です。
何だかこういう部品が好きなので壊れるとバラして、写真に撮るとかインスタレーション作るとかに使えるんじゃないか、と取っておくのです。

ちなみに中央のガラスのものは真空管という、音を出すためのものです。
非効率な昔の電気部品なんですが、一部楽器やオーディオの世界では「音が柔らかで良い」と使われています。

奈月さんは、自動車がお好きなんですね?
今時はマニュアル・ミッション車に乗りたい、というのはかなり希少な人な気がします^^

「古いイギリスのスポーツカー」というのは、1970年型MGミジェットという
小さな、軽自動車サイズの2人乗りオープンカーです。
6年前に自分でレストアしようと全部バラして結局まだ出来上がってません;
現在は2000年型のアルファロメオ156に乗ってます。
アウトビアンキだのシトロエンだの、いろいろポンコツの欧州車を乗り継いで苦労もしてきましたが
2000年式ともなるとイタリア車でも壊れないものですね^^

投稿: t.haga | 2014年3月31日 (月) 21時02分

そうなんだ 主に外国の車に乗っていたのですねー
ちょっと調べてみました
MGミジェットは・・・知っていました^^
あー これなのですねー と思いながら見ていました
雨だとまったくもって乗れないタイプのオープンカーなんでしょうか
しかし・・・よいですね(^◇^) 
羨ましいです 自分が好きな車に乗ってきたんですよね
アウトビアンキなんか 免許をとった頃に 欲しいなーなんて思いましたが
結局これまでずっと国産の車しか買っていないし しかも自分が欲しいものは買えずにきています

車は好きですねー
t.hagaさんみたいに 自分で触ったりするのはできませんし 車の中の事はわからない部分が多いです
どちらかというと 運転する事が好きなんですねー

2000年式のアルファロメオ ものすごく最近の車に見えます^m^
(私の知ってるアルフォロメオとは 姿がまるで違う)
これはちょっと t.hagaさんのイメージとは違う車に思えるのですが 勝手な見解でしょうか(^^ゞ

投稿: 奈月 | 2014年4月 2日 (水) 23時08分

奈月さん
ありがとうございます。
ミジェットは一応、幌はついているので雨でも大丈夫です。
エアコンとかクーラーはついてないので、真夏はちょっと厳しいですが。
ぼくも最初は何もわからず乗ってました。
ミジェットにしろアウトビアンキにしろ、あんまり壊れるので必要に迫られて修理を覚えた感じです::

ぼくも運転は大好きです。
本当は小さくて軽い車が大好きで、それでサーキット走ったりするとやはり強い「一体感」を味わえるし、サーキット行かなくてもダイレクト感がある方が楽しいので・・・
まあ最近はすっかり自転車(ロードバイク)の方に夢中なのですが。

奈月さんが知っているアルファロメオ、昔のアルファロメオなのですね。
そうかー、イメージ違うのかー(^^;
アルファロメオ156、数少ないマニュアル・ミッションがある車種だったというのもありますが
ぼくは156の「ツインスパーク・エンジン」が欲しくて買いました。
フィアットのエンジンを元にアルファがチューニングしたエンジン。
「何故にそこまで?」と言いたくなるほど弄り回して、元のとはまるきり別物にしちゃったチューンド・エンジン。
GXR+Mount A12もそうですが、ぼくはそういう「やりすぎ系」にとても弱いのです。
国産車では初代ユーノス・ロードスターなんかがそうですね(今更ちょっと欲しい)。

投稿: t.haga | 2014年4月 3日 (木) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PLEASURE OF THE MACHINE:

« 深夜高速 | トップページ | LOST MY DRIVING WHEEL »